【大学生・Mac Book Pro持ち必見】タイプCの充電口を便利にするおすすめ変換プラグ!

MacBook Pro タイプC 変換プラグ おすすめ 趣味

こんにちは、なびけんドットコムをやってるけんたです。読んでいただきありがとうございます

このなびけんドットコムでは、留学生活から得た情報から誰かのためになる情報自分の興味ある分野などについて紹介するサッカー好き大学生の個人ブログです!

なびけんについて
なびけんドットコムを運営しているけんたについて紹介します。

今回の記事では、USB-タイプCしかないMacBook Proをより便利にしてくれるおすすめ変換プラグを紹介します!!

 

USB-タイプC変換プラグ持っていない人はもちろん、持っている人にもさらにおすすめ商品を紹介するので必見です!!

スポンサーリンク

MacBook ProにUSB-タイプAは入らない!

 

まず、USBにはいくつかの形状があるのを知っていますか?

普段みなさんおなじみの以下の形は、USB-タイプAという形です!

MacBook Pro タイプA

 

そしてMacBook Proの充電口はUSB-タイプCです!

MacBook Pro タイプC ガジェット

 

MacBook Proを持っている方の

 

タイプCのMacBook ProにUSBを繋ぐためには、以下のような専用のアイテムを購入する必要があります!

Apple USB-C – USBアダプタ

Apple USB-タイプC

 

この商品があれば、MacBook ProのタイプCからUSBタイプAに変換することができます!
そしてこういった単純なUSB-C→USB-Aへの変換プラグは持っている方も多いのではないかと思います。
実際に自分も上記のアイテムを持っています。
しかし!!

これから紹介するアイテムはさらに便利なのです!!

MacBook Proの可能性を存分に広げてくれるアイテム!

自分はMacBook Proを購入する際に、上記で紹介した変換プラグを購入しました。

 

しかしベンチャー企業でインターンしていたということや、パソコンじゃなくてテレビでNetflixなどの映画を見たいと思ったことがあり、

  • HDMIケーブルとつなげられればなー

(テレビと繋げることができるコード)

  • もう一つUSB-タイプAが欲しいなー
  • VGAケーブルとつなげられればなー

(モニターなどに繋ぐことができるコード)

というように、あの機能があればよかったのになーという後悔がいくつか生まれてきました。

 

全部くっ付いた変換プラグを買っちゃえばいいのか!!

最初からそう考えるべきでした。笑

全部が一つになった変換プラグでより便利さを!

ただシンプルなUSB-C→USB-Aを購入するのではなく、以下のようなUSB-AにもHDMIにもVGAケーブルにも変換することができるまとまった変換プラグを購入することをおすすめします!

 

 

MacBook Pro 変換プラグ
(出典:Amazon.co.jp)

 

実際に自分が使っているのはこちらのHDMIケーブル、VGAケーブル、USB-Aがついた変換プラグです。

ELUTENG USB Type C HDMI VGA 変換プラグ

MacBook Pro 便利 変換プラグ

 

これを選んだ理由としては、自分に必要最低限な昨日が詰まっていたからです。笑

 

これ以外にもAmazonを見てみると、

このように訳のわからないくらい変換ができるような変換プラグもあります。笑
流石にここまで行くと使わない人にとってはかなり邪魔になりますね。。
ただこの商品、Amazonベストセラーに選ばれているんです。

そんなに使わない?必要ない?

USB-A以外のケーブルがそんなにあっても邪魔になるだけだなー

実際に自分のように、

  • MacBook Proをテレビやモニターと繋ぎたい

と明確な目的がない人にとってはただの邪魔になってしまいます。

 

そんなあなたには!!

3ポートMacBook USB Cドッキングステーション

 

HDMIケーブルもVGAケーブルも必要ないなー

 

って方でも、MacBook Proを使って

  • USBメモリーを使用する
  • iphoneを充電する
  • マウスを使用する

といった状況は誰しもにあることだと思います。

 

そこで一番最初に紹介したシンプルなアイテムではなく、元からUSB-Aが3つも付いている便利な変換プラグを購入することをおすすめします!!

どんな機能が必要?しっかり判断を!

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

 

自分のような後悔しないためにも、今後どんな機能が必要なのかをしっかり判断しましょう!

タイトルとURLをコピーしました