5分でわかる!留学生によるコンパスカードと公共機関・料金システムの全て!

バンクーバー 交通 コンパスカード 海外留学

こんにちは、なびけんドットコムをやってるけんたです。読んでいただきありがとうございます

このなびけんドットコムでは、留学生活から得た情報から誰かのためになる情報自分の興味ある分野などについて紹介するサッカー好き大学生の個人ブログです!

なびけんについて
なびけんドットコムを運営しているけんたについて紹介します。

バンクーバーの交通機関は日本の交通機関と大きく異なるので理解するには少し複雑になっていますが、決して難しいわけではないので、じっくり目を通していただけたらと思います。

そして最後にコンパスカードについての簡単なまとめします!

スポンサーリンク

これがバンクーバーの料金システム、理解できる?

初めての方には以下の表をみて一発で理解するのは無理だと思います。笑

逆に知っている方向けに、以下が詳しい料金システムです!

ゾーン 19歳〜64歳 それ以外
Single/Cash Fares
コンパス(紙)
  1 $2.95 $1.90
  2 $4.20 $2.90
  3 $5.70 $3.90
Stored Value
コンパス(カード)
  1 $2.30 $1.85
  2 $3.35 $2.85
  3 $4.40 $3.85
Monthly Pass
(1ヶ月定期/カードのみ)
  1 $95
  2 $128
  3 $174 $54
DayPass       (1日券※)   ※ $10.25 $8
  • ゾーン1・2・3ってなに?
  • 紙とカードの違いは?

この記事でじっくりとバンクーバーの交通機関について解説するので安心してください。

バンクーバーではコンパスカードなしに生活できない!?

まずはじめに、バンクーバーの交通機関として主に使われるのが電車とバスです。これは日本と同じですが、日本と違って圧倒的に電車<バスです。

バンクーバーは圧倒的バス社会

他の記事で紹介したように、日本と比べると圧倒的にバスの数や本数、利用者数が違います。

特に驚きなのが、5万以上のUBC(ブリティッシュコロンビア大学)の学生は毎日全員バスを使って通学しています。

バンクーバーのバス社会について知らない方はこちらから!↓↓

https://naviken.com/archives/924



コンパスカードとは?

コンパスカードとは日本でいうICチップ付きのsuica・pasmoのような電子カードのことです。

日本と同じように電子カードで料金を支払うことで少し料金が安くなる上に、様々なメリットがあります。ただ、このコンパスカードには

  • コンパスカード(カード)
  • コンパスカード(紙)

の2種類があります。

説明する上でややこしいのは、電子カードも切符もコンパスカードと呼ばれること。笑

コンパスカード(カード)のメリット・デメリット

コンパスカード
こちらのコンパスカード(カード)を買うことのメリットは

  • 一回券をその都度買う必要がなくなるから便利
  • カードの方が一回あたり$0.65安い
  • カードをWeb登録をすることでクレジットカードからチャージできる

カナダではJCBのクレジットカードは使えないので注意!!
カナダのクレジットカード事情については

カナダでJCBのクレジットカードは使い物にならない?バンクーバー留学準備編!
カナダにおけるクレジットカード事情を徹底解説します。 日本のクレジットカードメーカーであるJCBはカナダでは使い物にならないことを知らないまま行ってから困ることを防ぐためにも、キャッシングなどの解説からカナダのクレジットカード事情を解説します。

デメリットとしては、

  • カード購入時に$6のデポジットが発生する
  • デポジットを返してもらうには所定の場所に行く必要がある
  • チャージしすぎてお金が余ることがある

などがあげられます。

切符のメリット・デメリット

バンクーバー コンパスカード 1日券

コンパスカード(紙)を買うことのメリットは

  • デポジット($6)がかからない
  • 使い切りタイプなので無駄がない

デメリットとしては、

  • 駅で買う切符とバスで買う切符では異なる
  • バスで購入する場合は現金で購入する必要がある
  • コンパスカード(カード)に比べて不便

などがあげられます。

正直まだまだ疑問だらけだと思うので、さらに掘り下げていきます。

https://naviken.com/archives/769

コンパスカードの料金システムについて

カードタイプと紙タイプのコンパスカードがあるのがわかってもらえたら、料金システムについて詳しく紹介します。

先ほども言ったように、区間+時間ごとに料金がかかってきます。まずは区間についてです。

バンクーバーには3区間のみ

上記の画像をみるとわかるように、色の境目でZONE(ゾーン)が分かれています。
このゾーンによって基本料金が変わってくるのです。

同じゾーン内の移動であれば1ゾーン料金ですが、ゾーンをまたぐ区間の際は2or3ゾーン分の料金が必要になってきます。

1回分の料金は固定、90分おきに料金が発生する

日本の交通機関ともっとも異なる点は、時間によって料金がかかるという点です。

1回券(日本ならば切符)を購入してバスや電車に乗るとしましょう。

一回あたりの制限時間が90分間と決まっている。(逆に言えば90分間は乗り放題になるということです。)

90分経ってからまた乗る際には追加で1回券を購入する必要がある。

以下の章を読めば全てが繋がるはずです。笑

コンパスカードの基本料金

少しはこの表に対して理解できるようになりましたか?

ここでは徹底的にバンクーバーの交通機関の料金について紹介します。

ゾーン 19歳〜64歳 それ以外
Single/Cash Fares
コンパス(紙)
  1 $2.95 $1.90
  2 $4.20 $2.90
  3 $5.70 $3.90
Stored Value
コンパス(カード)
  1 $2.30 $1.85
  2 $3.35 $2.85
  3 $4.40 $3.85
Monthly Pass
(1ヶ月定期/カードのみ)
  1 $95
  2 $128
  3 $174 $54
DayPass       (1日券※)   ※ $10.25 $8

※バスで購入できるのは1ゾーン分の切符のみです。また、現金のみです
※上記全ての券(カードの購入含む)は駅の券売機で購入することができます。
※1日券を購入すると3ゾーン分を移動することができます。
※1日券は、紙・カードどちらでも購入することができます。

それぞれの項目を詳しく解説します。

Single/Cash Fares(紙コンパス)

上記で説明した紙のコンパスカードです。

※ここで注意点!!

先ほど、1回券を購入したら90分間は移動し放題と言いましたが、

バスで1回券を購入した際は、90分間バスのみでしか使用できません。

駅で1回券を購入した場合は90分間電車もバスも同じゾーン内であれば乗り放題なのですが、バスで切符を購入すると電車に乗ることはできません。

90分たったら再度バスや駅で切符を購入する必要があるのでかなり面倒です。笑

Stored Value(コンパスカード)

先ほども言ったように初回コンパスカード購入時には$6のデポジットがかかります。

ですが、上記の値段を見るとわかるようにカードを購入することによって一回あたりにかかる値段が$0.65安いです。切符を何度も購入するのであれば、カードの購入をおすすめします。

カードの場合も切符と同じように90分間の縛りがありますが、もともとチャージをしておけばそれらを気にする必要がありません。

留学生や長期滞在者は絶対にMonthly Pass(1ヶ月定期パス)

長期(1ヶ月)以上の滞在の方は絶対にこれを買いましょう。マストです。
(車移動の方を除く)

バンクーバーの交通機関のすごいとこはなんといっても、一度購入したらゾーン内乗り放題ということ。ほんとに楽です。笑

1ゾーンでも定期券を持っていると、

  • 平日18時30以降
  • 土日全て

の時間帯でゾーン制度がなくなります。上記の時間は1ゾーン分の定期券でどこへでもいけます。

定期券は本当に最強

※ただし定期券の期限は月初め〜月末のみです。(仮に月の途中で定期券を購入しても、有効期限は月末までです。)

旅行者はうまくDayPass(1日券)を活用しよう!

1日券を購入するためには駅に行く必要がありますが、1日券があればバンクーバーのどこへでも行くことができます。笑

1日券があれば1日の間ならバンクーバーの何処へでも行くことができます!

1日券でアメリカの国境まで行くこともできる!!

カードを持っている方はカードに1日券をチャージ、持ってない方は紙の1日券をゲット!

コンパスカードの購入場所と購入方法

バンクーバーの料金システムと区間システムを理解したら、コンパスカードの購入場所と購入方法について紹介します!

コンパスカードの購入場所

コンパスカードはバンクーバーにある全ての駅、もしくはロンドンドラッグスにある以下のような券売機で購入することができます。
(※ただし、シーアイランド[空港]にある

  • YVRエアポート駅
  • シーアイランド駅
  • テンプルトン駅

の三つの駅で購入する場合は上記料金プラス$5がかかります。

バンクーバー在住の方が空港まで迎えに来てくれる場合は、1日券や1回券を購入してきてもらいましょう!笑

$5セーブできます!

券売機には$50、$100札は入りません!クレジットカードはマスターカード、visaのみです!

コンパスカード 購入場所

バスの場合

また、バスで一回券を購入する場合はバスに乗ったところにお金を入れるところがあるのでそこに現金を入れるとコンパスカード(紙)がもらえます。

バンクーバーの公共バスは前から乗車します。するとこんな装置があるので、コインと書かれたところにお金(現金、お釣りは出ません)を入れると一回券が出てきます。

バンクーバー バス

コンパスカードの購入方法

上記画像の券売機を見つけたら、

  • 紙のコンパスカードが欲しいならSingle/Cash Fares
  • カードが欲しいならStored Value

を選びましょう!

ちなみに日本語設定にすることもできます!

さらに詳しく知りたい方は!

さらにバンクーバーの交通情報やおすすめの観光スポットなどを知りたい方には、観光ブックを購入することをおすすめします!

バンクーバー・カナディアンロッキー (タビトモ)

バンクーバー・カナディアンロッキー (ララチッタ)

ことりっぷ 海外版 バンクーバー (旅行ガイド)

旅行プランや滞在目的によってコンパスカードの使い方が異なる

ここで少しこの記事のまとめを簡単にします。バンクーバーの交通機関と料金は

  • 3ゾーンの区間制
  • 90分毎の時間制
  • 同じコンパスカードでも紙とカードで微妙に値段が違う
  • バスで買う1回券と駅で買う1回券では異なる
  • 定期券and1日券最強
  • 1日に公共機関を使う量によって使い分けが大事

これらのことを読んで理解できていればもう完璧です!

先ほども言ったように長期滞在者は迷わず定期券を購入しましょう。本当に便利です。

短期滞在の旅行者は、その日の行動プランによって1日券とコンパスカード(紙orカード)をうまく使い分けて生活するのがベストです!!

コンパスカードの返却方法に関しては、記事の最後に説明します!

おまけ!コンパスカードを購入したらWeb登録を忘れずに!

コンパスカードを手に入れたら、Web登録を行うことをおすすめします。

※長期滞在者向けです!

Web登録をすると万が一コンパスカードを無くした場合に不正利用のストップ、再発行をトランスリンクホームページから簡単に行うことができます。

失くした物は返ってこないと思った方が懸命です。失くし癖がある人は絶対に登録しましょう。笑

また、上記でも言ったようにクレジットカードからオンラインで入金することができるのもとても便利です。

コンパスカード登録ページはこちら

※コンパスカードのオンライン登録には住所、電話番号が必要になります。

コンパスカードの定期券更新方法

最後に長期滞在者向けに、定期券の更新方法を紹介します。定期券の更新は

  • オンラインで更新
  • 券売機で更新

の2パターンがあります。

オンラインで更新の場合

上記のURLよりお手持ちのコンパスカードを登録しましょう。

登録が完了したら、「Add a pass」→自分が購入したいパスを選び、クレジット情報を登録させれば完了です。

わざわざ券売機のある場所まで行かなくても更新できるのが大きなメリットです。

コンパスカード オンライン登録
コンパスカード 登録方法

券売機で直接更新の場合

月の20日以降にならないと翌月分の定期券の更新はできない!

一度定期を買ったのと同じ要領で、Mounthly Passを更新しましょう!

コンパスカードの返却方法

日本でも同じシステムですが、コンパスカードを購入した際のデポジット($6)はコンパスカードを所定のところへ返却することで返してもらうことができます。

コンパスカードを返却する際に最も面倒になるのが、返却場所が一つしかないということです。

自分的にはいい記念になるから持って帰っちゃってもいいような気がしますが、返却したいと思う方もいると思うので返却についても紹介します。

返却場所

その返却場所とは、ウォーターフロント駅です。ウォーターフロント駅にある「West Coast Express Customer Service」に行って返却手続きをするとデポジットが帰ってきます。

滞在先のホテルやホームステイ先がウォーターフロント駅から近ければ空港に行くついでにデポジットを返してもらうことができますが、そうでない場合はわざわざウォーターフロント駅に行く必要があります。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます!!ぜひ時間があればこちらの記事もどうぞ!

カナダでJCBのクレジットカードは使い物にならない?バンクーバー留学準備編!
カナダにおけるクレジットカード事情を徹底解説します。 日本のクレジットカードメーカーであるJCBはカナダでは使い物にならないことを知らないまま行ってから困ることを防ぐためにも、キャッシングなどの解説からカナダのクレジットカード事情を解説します。

留学生や移住でバンクーバーにくる方は間違いなく定期券の購入をおすすめしますが、それ未満の観光目的での滞在の方は、一日券or一回券の使い分けをうまくすることでバンクーバーの交通機関を攻略することができるはずです。

細かい旅行プランをたて、充実したバンクーバー生活を送ってください!

タイトルとURLをコピーしました