バンクーバーのバス完全攻略!降りる際は窓側の紐を引っ張らないと・・・

バンクーバー バス 攻略 海外留学

こんにちは、なびけんドットコムのけんたです。

当然のことですが、バンクーバーのバスは日本のバスと違ってシステムも異なります。

そこで今回は降り方がわからなくて降りれなかったけんたの実体験をもとにバンクーバーのバスについて徹底的に解説します!

スポンサーリンク

バンクーバーのバスに乗る際の注意事項

バスに乗る際の注意事項として、

  • お釣りは帰ってこない
  • コンパスカードのタップは乗る際のみ
  • 降りたいときは窓側の紐を引っ張る
  • 基本的に時間通りにはこない
  • 満員の場合はスルーされる
  • 優先席は避けよう
  • たまに運転手がマックにコーヒーを買いに行くことがある

などが挙げられます。以上の項目について簡単に説明します。

お釣りは帰ってこない

現金でバスに乗る場合、使用できるのはコインのみです。また、お釣りは返ってこないので十分注意しましょう。

コンパスカードのタップは乗る際のみ

コンパスカードを使用する際は、以下の青い部分にタップしましょう。

タップは乗る際のみ!!

降りる際にタップをしてしまうと料金が引かれてしまいます。

バンクーバーの交通機関、料金システムの全てはこちら

バンクーバー バス

ゾーンをまたぐバスに乗って降りる際にもタップしたら、お金を引かれてしまいます。
コンパスカード、ゾーンなどについての詳しい解説はこちら

降りたいときは窓側の紐を引っ張る

降りたいときはバスの窓側についている、下記画像の紐を引っ張りましょう。
バンクーバー バス

そうすると、電光掲示板にSTOPの文字が表示されます。

基本的に時間通りにはこない

基本的に時間通りにこないことがほとんどです。
かといって昨日ちょっと遅かったから少し遅れても大丈夫だろうと思って行くと、すでに行っているなんでパターンもあリます。

毎日遅れているわけではありません。しっかりと時間通りにくるときはちゃんときます。

ちょっと早めにバス停についたのにバスがくることもあります。(笑)

満員の場合はスルーされる

バスには番号・行き先が表示されています。

が、大学の通学ラッシュの時間などに限ってバスが満員になることがあります。

「Sorry Bus Full」と表示されていたら、スルーされてしまうので自分が使用するバスの時間と混み具合はしっかりと把握しておくことをおすすめします。

優先席は避けよう

基本的にバスの前方部が優先席となっています。

特に体に以上がない場合は優先席を避けて座るようにしましょう。

座っても特に問題はありませんが、年寄りの方がきたら席を譲りましょう。
(自分の友人で優先席で寝てたらおばさんにブチギレられたって人がいるので、笑)

たまに運転手がマックにコーヒーを買いに行くことがある

海外ならではの自由感です。頻繁に起こるわけではないです。(笑)

運転手がトイレのためにバスを止めたり、もっとひどいときはには運転手がバス停で降りたかと思えばマックのマフィンとコーヒーを片手に返ってきたこともあります。

そんな時でも現地の方はとくに気にしていません。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
日本と海外の自由さの違いがよくわかったと思います。

バンクーバーにくる予定の方はこのような注意点に注意して充実したバンクーバー生活を送ってください!!

タイトルとURLをコピーしました