バンクーバーと日本の時差の簡単な求め方!

バンクーバー 時差 求め方 海外留学

日本にいるけどバンクーバーの時刻を知りたい。またはバンクーバーにいるけど日本の時刻を知りたい。時差は把握しているけれどいざとなるとパッと思い浮かばない。

そんな時が多いはずです。(実際に自分もそうでした。)
そこで今回は単純ながら簡単な時差の計算方法を日本からの場合、バンクーバーからの場合の二つに分けて解説します。

スポンサーリンク

日本にいてバンクーバーの時刻を知りたい場合

バンクーバー 時差 簡単
時差を理解する上で必要になってくるのが、バンクーバーがサマータイム中なのかどうか。

サマータイムであれば時差は1時間ずれてしまいます。

基本的には日本からみてカナダとの時差はマイナス17時間です。

ただし、サマータイム(主に3月〜11月)の際は日本からみてマイナス16時間となります。
→サマータイムについてはカナダ行く人必見!サマータイム(夏時間)について徹底解説!をご覧ください。

バンクーバーがサマータイムじゃない場合

先ほども言ったように、時差はマイナス17時間です。やり方は2パターンあります。

プラス7時間、マイナス1日。

時差がマイナス17時間と覚えないで、バンクーバーとの時差はプラス7時間マイナス1日と覚えましょう。

例として

  • 日本が9/2日の22時の場合

大事なのはプラス7時間マイナス1日です。

現在時刻の22時+7時間−1日=バンクーバーは9/2日の朝5時となります。

これを一度頭に入れてしまえば時差に困ることはありません。

マイナス5時間、半日(12時間)戻す。というやり方も

ただ単に17時間を5と12で分けただけなんですが、理解するのはとても簡単です。なぜなら半日(12時間)戻すことは誰にでもできる簡単なことだからです。

日本が22時の場合

マイナス5時間して半日戻す=バンクーバーは朝の5時です。

バンクーバーがサマータイムの場合

サマータイムによって時差17時間から16時間になっています。

ですが、考え方は同じです。

プラス8時間、マイナス1日。

  • 日本が9/2日の22時の場合

現在時刻の22時+8時間−1日=バンクーバーは9/2日の朝6時となります。

覚えてしまえば簡単ですね。

もう一方のやり方としては、マイナス4時間、半日(12時間)戻すです。

バンクーバーにいて日本の時刻を知りたい場合

今までは日本にいる方向けの時差の考え方でしたが、ここからはバンクーバーにいる留学生や旅行者向けの時差の確認方法を説明します。
といっても日本にいる場合の考え方と逆をすれば簡単に求めることができます。

バンクーバーがサマータイム時

まずはサマータイム中なのかどうかを確認し、サマータイムであれば日本との時差はプラス16時間なので、

マイナス6時間、プラス1日。
or
プラス4時間、プラス半日(12時間)。

バンクーバーがサマータイム時でない場合

バンクーバーがサマータイムでない場合は日本との時差はプラス17時間となります。
そのため、

マイナス7時間、プラス1日。
or
プラス5時間、プラス半日(12時間)。

となります。

まとめ

日本から見たバンクーバーは、プラス7時間、マイナス1日。バンクーバーから見た日本はマイナス7時間、プラス1日。

これさえ覚えておけば、時差を覚える必要がなくなるのでとても楽です。

慣れるまでは面倒だと思いますが、一度慣れてしまえば簡単に時刻がわかるようになるのでしっかりと覚えましょう。
ここまで読んでいただいありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました