留学生が教える!グラウスマウンテンを満喫するための攻略ガイド!

海外留学

グラウスマウンテンとは、ノースバンクーバーにある観光スポットとしても有名な山です。

頂上からはバンクーバーを一望できるおすすめの絶景スポットです。カナダプレイスから無料シャトルで行くことができるのもおすすめポイントです。
そこで今回はグラウスマウンテンについて解説します。

スポンサーリンク

グラウスマウンテンについて


バンクーバーの中心地であるダウンタウンから電車やバスで20~30分ほどで簡単に行くことができるグラウスマウンテン。

標高1231mのグラウスマウンテンは、冬場にはスキー場として、それ以外の季節はハイキングや登山、景色などを楽しむことができます。

グラウスマウンテンに登る方法

グラウスマウンテンの頂上に登るには二つの手段があります。

ゴンドラで頂上まで

グラウスマウンテン ゴンドラ
このような大きいゴンドラで頂上まで行くことができます。所要時間は10分もかかりません。

ゴンドラも運転感覚が早いので、それほど時間を待たずに頂上まで行くことができます。
料金は往復で$50プラス税がかかります。

※詳しい料金は下記でまとめます!

自力で頂上まで

当然ながらグラウスマウンテンは山なので、歩いて頂上まで行くことができます。

所要時間はペースによりますが、1時間〜2時30程度です。

グラウスマウンテン ハイキング

実際に自分はノンストップで登り続けて1時間10分かかりました。(ただ、軽い気持ちで登るのはおすすめしません。笑)

正直めちゃくちゃきつかったです。笑

足場は全て整備されているわけではないので、足元の状態は良くです。足元に注意しないと捻挫などしてしまうので気をつけましょう。

四分の一ごとに看板が立っているので、自分が今どこにいるのかは簡単にわかります。
(最初の四分の一が一番高低差が激しいのできついです。)

※グラウスマウンテンは歩いて下山することができません。そのため、帰りのゴンドラ代は必須となります。(帰りのみのゴンドラ代は$15プラス税です。)

 

View this post on Instagram

 

#canada #vancouver #grousemountain #grousegrind #trail

バンクーバー留学生navikenさん(@navikenn)がシェアした投稿 –

頂上でできることまとめ!

バンクーバーを一望できる

頂上に着いたらバンクーバーを一望できる景色を見ることができます。

自力で登り切った後のこの景色は感動ものです。笑

グラウスマウンテン 景色
ダウンタウンなどの中心地から近い立地にあるグラウスマウンテンでしか見ることのできない景色が楽しめます。

天気がいい日には、スタンレーパーク、ダウンタウン、さらにはバンクーバー空港までも見ることができます。

カフェ、ファストフード、レストランで休憩

頂上には、カフェ、ファストフード、レストラン、お土産ショップがあります。

どのショップにもテラス席があるので、景色を一望しながら優雅な時間を過ごすことができます。

ちなみに私はファストフードのハンバーガーではなくレストランのハンバーガーを食べました。(レストランはやや高かったので後悔。笑)
グラウスマウンテン レストラン

また、2010年にバンクーバーで開催された際のトーチも飾ってありました。

本物の熊に会える!

グラウスマウンテンの頂上では、ほぼ野生の熊を見ることができます。
グラウスマウンテン 熊

※触れたら電気が流れる柵で囲まれたエリアにいるので熊が逃げ出すことはありません。笑

熊は山の自然をそのまま使用したエリアにいるので、ほぼ野生の状態の熊を見ることができます。

家族向けのショーも!

グラウスマウンテン ショーこんにちは、なびけんドットコムのけんたです。
グラウスマウンテンの頂上では、子供づれの家族に人気のショーを見ることができます。

アクロバティックで魅力的なショーがやっているので、晴れた日には画像のようにとても大勢の観客で賑わっています!

グラウスマウンテンの料金まとめ

グラウスマウンテンは一年を通して楽しむことができる山なので、年間チケットを購入することができます。

一年以上滞在予定の留学生などは年パスを買うことをおすすめします。

料金まとめ

冬場(スキーシーズン)とそれ以外では値段が異なるので、事前にホームページで確認することをおすすめします。

冬以外 冬シーズン
大人 (17-64) $56 大人 (19-64) $69
シニア (65+) $49 シニア (65+) $49
子供 (5-16) $29 子供(13-18) $49
家族(大人2,子供2) $149 子供 (5-12) $25

グラウスマウンテンのホームページはこちら
これらの料金で往復のゴンドラ代に加えて、ゴンドラからさらに上に行けるリフト、ショーや熊を見ることができます。(自力で登山してもこれらを見ることは可能です。)

また、冬場のチケットにはゴンドラ代、リフト券が含まれています。
(※冬場は登山ができないので、頂上へ行くには上記のチケットを買う必要があります。)

さらには年間パスチケットを購入することができます。
年間パスチケットは年によって値段の変更があるため、こちらをご覧ください。

グラウスマウンテンまでのアクセス!!

バンクーバーの中心地に位置するカナダプレイスから無料のシャトルバスが30分ごとに出ています。


このバスが目印です。

カナダプレイスの前からはキャピラノブリッジ行きの無料シャトルなど、様々なシャトルが出ているので間違えない様にしましょう。

バスに乗ってから30分もしないうちにあっという間にグラウスマウンテンの麓につきました。
簡単にアクセスできるのもグラウスマウンテンのいいところです。

途中で何度も心が折れそうになった登山道

2018年の10月前半の日
自分は友人と午前9時半にカナダプレイスに集合し、10時に出発したシャトルバスに乗ってグラウスマウンテンへ。

そして10時30ごろに麓に到着。

自分達ははじめ、登山する気は全くなかったのですが以外の往復代が高いと感じ、友人と登山することに。笑
当日の朝が寒かったので、ヒートテックにダウンをきてタオルもなければ水も持って行かずに軽い気持ちで挑戦。

まあずっとサッカーやってきたし余裕だろうとか思っていましたが、1000m超の登山は始めてだったのでなめてました。笑

上記でも言ったように、最初の四分の一が一番高低差が激しいです。(実際に最初の四分の一で700m近く登ります。)

そのため、最初に四分の一の看板に出会った時の「まだ四分の一しかたってないのか・・」感は半端なかったです。

最初はカメラマン気取りでカメラをぶら下げながら挑んだ登山道も頂上についた時には、サウナ上がりのように汗が吹き出ていました。

皆さんも登山をする際は、着替えとタオル、そして水分を忘れずに頑張ってください。笑

タイトルとURLをコピーしました