留学に必要な持ち物は何?留学準備編について

バンクーバー 留学 準備 海外留学

みなさんこんにちは、なびけんドットコムのけんたです。

今回はバンクーバー留学前の準備編ということで、日本から持ってくべきもの、必要ないもの(現地で購入できるもの)などを実体験をもとに紹介します!

違う記事に用途別持ち物をまとめたのでぜひ!!
【2019最新版】海外留学に本当に必要な持ち物34選まとめ!カナダ留学

スポンサーリンク

現地調達できるものは現地で調達すると荷物が減る!

飛行機に乗る際には荷物制限がありますよね?人によって制限の重さは異なりますが、できることなら荷物を減らしたいところです。重量オーバーで追加料金を取られるくらいなら、バンクーバーで買えるものは到着してから買うことをおすすめします。

まず、

バンクーバーでは基本なんでも調達できます!!

バンクーバーでは日本にあるような日用雑貨から家具、洗面用具を買うことができます。もちろん日本製ではないですが。
そのため地味に荷物になるようなシャンプーやリンスなどの洗面用具系は最低限持って、予備分や残りは現地調達をおすすめします。

ただ、注意事項として、

日本製の商品はあまりない、そして日本製の商品は値段が高い!!

実際にバンクーバーで生活していて思ったのは、日本製じゃなくても特に不自由ない!!
(化粧品などに関しては全くわかりません。女性の方はすいません。)

そのため、消耗品は最低限(1週間〜1ヶ月分)で充分です。

バンクーバー留学に必要不可欠なもの

  • パスポート
  • 必要書類(各々)
  • スマートフォン(携帯)
  • クレジットカード、現金
  • 国際免許(人によります)
  • 常備薬(留学期間分)
  • 充電器類
  • 変圧器
  • 衣服
  • 洗面用具(1週間〜1ヶ月分程度)
  • モバイルバッテリー
  • PC・USBメモリー

以上があれば生活に困ることはありません。洗面用具などに関しては、スペースに余裕がある分だけ持っていきましょう。

薬はこちらでも買うことはできますが、普段から使用している薬があるのであれば留学期間分持ってくことをおすすめします。

もちろん充電器やモバイルバッテリーなどもバンクーバーで調達できますが、初日から携帯の充電がなくなっては何もできないので持っていきましょう。

また、クレジットカードに関してはVisa,Master Cardがおすすめです!!

JCBのクレジットカードは対応している店舗がとても少ないです。

衣服は何日分もってけ!ばいいの?

留学する期間や季節で持っていく服も大きく変わってきます。

バンクーバーは日本と似たような気候なので夏時期の留学の方は夏服を、冬時期の方はダウンなどの暖かいアウターを持っていきましょう。
そのため冬は荷物がとても多くなってしまいます。

留学準備をしていて、服って何日分もってけばいいの?

と疑問になると思います。実際に自分もめっちゃ悩みました。笑

 

結論から言うと、週に何回洗濯ができるのか、洗濯回数を基準に合わせて服を持ってく

これが答えです。
週1度の洗濯であれば、1週間ぶんの下着や靴下などが必要になりますよね。

留学の準備をしているころには、ホームステイ先の情報やシェアハウスの情報がわかっているはずです。週に何回洗濯ができるのかを把握して、それに合わせて持ってく服の量を決めましょう。

もしわからなければホームファミリーやシェアハウスのオーナー、または現地の学校の先生に直接聞きましょう。

それでもわからない場合は1週間分の下着などを持っていけば安心です。

アウターやズボンなどに関しては完全に個人・空きスペース次第です。一つのアウターを毎日着ても気にしないのであれば、1つで十分ですし、それだと嫌ならばもっていけるだけ持っていきましょう。

ただ、最初に準備するのは最低限の服のみです!!

必ずスペースが余ったら余分の服や余分の物を入れるようにしましょう。

あると便利なもの

ここからはバンクーバー留学にあると便利な物を紹介します。実際のところバンクーバーだから必要なものは特にありません。

先ほどから言っているように基本なんでも調達ができますが、最初からあって便利に越したこたはないです。
持っていけるのであれば持っていきましょう。

  • 折り畳み傘
  • 防水靴
  • フード付防水加工アウター
  • 洗濯ネット
  • ハンガー
  • 延長コード
  • コンパスカード入れ(定期入れ)
  • 日本食(カップラーメンなど)
  • 家用スリッパ(冬時期は暖かいのがおすすめ!)
  • 電子辞書
  • ドライヤー、ヘアアイロン

これらの物はあるとかなり便利です。

特に冬時期(10月~3月)ごろは雨(突然の雨も)が多いので、折り畳み傘や防水靴があるととても便利です。さらに突然の雨などが降ることも多いので、防水加工のダウンやマウンテンパーカーなんかをアウターとしてしようするのがおすすめです。

ここで注意が必要なのが、フード付がおすすめ!!

天候が変わりやすいバンクーバーでは突然の雨も少なくありません。そこでフード付のアウターをおすすめします。

自分のスーツケースはわかりやすくしとく!!

海外旅行にも共通して言えますが、海外の空港についた際に自分の荷物が一目でわかるようにするためにテープやわかりやすいゴム、シールなどをたくさん貼っておきましょう!!

これをするかしないかで大きく変わってくるので、留学準備が完了したらスーツケースに工夫を入れること忘れないようにしましょう。

まとめ

実際に必要最低限の持ち物以外は現地調達ができるので、荷物に関してそこまで心配することはありません。

バンクーバーについてスーツケースをあけた時に延長コードを忘れたことに気づいたけど、近くのスーパーで購入できました。

また、自分の場合は日本のお菓子やカップラーメンを持って行かなかったので、もっと持っていけばよかったなと後悔しました。笑

留学の準備はまず必要最低限から!!を意識して留学準備を入念にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました