バンクーバーに日本人が多いメリット・デメリットを留学生目線で紹介!

バンクーバー 日本食 留学日記

こんにちは、なびけんドットコムの大学生けんたです。

治安がいい街として知られるバンクーバーは、日本からの留学生が多いことで知られています。

そこで今回は、バンクーバーに日本人がどれくらいいるのか、またそのメリットデメリットを自分目線で簡単に紹介します。

スポンサーリンク

バンクーバーにはたくさんの日本人がいる

バンクーバー 日本人

まず、バンクーバーにはたくさんの日本人がいます。これは間違いなく事実です。

バンクーバーで有名な観光スポットと言われているような場所に行くと、ほとんどの確率で日本人に遭遇します。実際に自分もバンクーバーにきてからかなりの日本人がいるな〜と実感しました。

ただ日本人だからと言っても特に話すようなことはないので、あー日本人がいるなー程度です。

このことによっていくつかのメリットやデメリットがあるのも事実です。

メリット

日本の店が多い

日本人観光客や留学生が多いからか、バンクーバーには日本の店がたくさんあります。
代表的なのは

  • ユニクロ
  • 無印良品
  • ダイソー

です。これらがあれば生活に困ることはほぼありません。笑

これは日本人からして、とても助かることです。日本クオリティの商品には安心感がありますよね。

日本食が食べれる

上記と同じ理由で、日本料理がたくさん食べられます。

バンクーバー 日本食

日本料理店がたくさんあるといっても、全てが美味しい日本料理やであるとは限りません。

美味しい日本料理屋を見つけるコツは、名前が日本名かどうか
また、店員に日本人が多いか少ないかです。日本人店員の多い店はだいたい日本人経営者であることが多いです。そういった店では日本クオリティの味を体験することができます。

バンクーバーには

  • 牛角
  • ラーメン屋(多数)
  • 寿司屋(多数)
  • とんかつ屋
  • 日本居酒屋

などがあります。

日本でも親のある店や料理がたくさん食べられるので、日本食に困ることがないのもバンクーバーに日本人が多いことのメリットです。

また日本の店には日本人店員がいることが多いので、日本語で対応してくれる点も人によってはとてもいい点です。

デメリット

これは人によってメリットでもありますが、日本人が多いことによって

特有の気まずさを感じる

日本人が多いことから、店やスーパーなどで日本人が近くにいることや日本人の店員がいることがよくあります。

知り合いじゃないけど日本人は顔を見たらある程度判別できます。そのため、スーパーや店などで日本人がいる場合や、店員が明らかに日本人だけど英語で話さなければいけないときに何か気まずさを感じました。笑

日本人ゆえに感じることなのだと思います。笑
これは慣れてくればあまり感じませんが、バンクーバーに来て最初の頃は特にそれを特に感じました。

語学学校に日本人がいる場合が多い

バンクーバー 留学

留学生にとってはこれが1番のデメリットである場合が多いです。

日本人とずっといると英語力が上達しないのは明らかに事実だと自分自身実感しました。また、最初は日本人同士で固まりがちなので、これらはあまりいい点とは言えません。

が、日本人が多い環境にいても外国人の友達をたくさん作れば日本人が多くても周りを気にせずにやっていくことができるので、頑張りましょう。

日本人が多くて助かる面が圧倒的に多い!

バンクーバーに日本人が多くいることについてのメリット、デメリットを紹介しました!

日本人が多くいることによってデメリットもある分それ以上にメリットを感じることができます。

さらにバンクーバーは治安がいい街なので、留学には適している場所だと思います!!

タイトルとURLをコピーしました