これだけは知っておいて!バンクーバーに行く前に注意すべきこと!

バンクーバー 注意事項 海外留学

こんにちは、なびけんドットコムをやってるけんたです。読んでいただきありがとうございます

このなびけんドットコムでは、留学生活から得た情報から誰かのためになる情報自分の興味ある分野などについて紹介するサッカー好き大学生の個人ブログです!

なびけんについて
なびけんドットコムを運営しているけんたについて紹介します。

今回はバンクーバー留学経験者であるけんたが、バンクーバーで生活する上で知っておきたい注意事項について

  • 治安
  • 飲酒
  • クレジットカード
  • チップの払い方

の観点から紹介します!!

スポンサーリンク

バンクーバーの治安について

実際に半年間留学してましたが、

治安悪くて怖いなーなんて思ったことはありません。

困った時や迷った時に見知らぬ人に話かけても、ほとんどの方は親切に教えてくれます。

バンクーバーは治安がいいですが、、

治安がいい街として知られているバンクーバーですが、もちろんバンクーバーにも治安が悪いエリアがあります。

チャイナタウンやそういった治安が悪い場所ではホームレスや薬物をやっている人が多いのも事実です。

そういった危険なエリアには近づかないようにしましょう!
(昼間は多くの観光客もいますが、暗くなってくるとホームレスと薬物者の街になります。笑)

いくら治安がいいと言っても安心は禁物

バンクーバー 治安 注意

さらに、バンクーバーは多国籍文化としても知られているため様々な人種の人がいます。治安がいいからといって安心するのはやめましょう。

  • 自分の荷物から目を離さない
  • 危険な場所には行かない
  • ホームレスに話しかけられても無視
  • 怪しい見た目の人には話しかけない

など誰にでもできる最低限のことをしっかり気をつけましょう。

 

ホームレスは観光客に声をかける!

バンクーバーのダウンタウンには、ホームレスの人が多くいます。

そういったホームレスの人たちは、英語が話せない観光客に集中して「金をくれ」とせがんできます。

ホームレスに何を言われても立ち止まらない!!

最初にいっておくと、現地の人々はホームレスを無視するのが一般的です。

多くの日本人はホームレスの人に話をかけられ、その人がなんて言ったかわからない場合に足を止めて

「ん?」

と反応してしまいます。

日本人の多くは一度反応してしまうと、断りにくい性格なのでそこでお金を渡してしまうケースがあるようです。

ホームレスは見た目で判断できる

ホームレスの方は、服装などの見た目から判断することができます。

怪しいなと感じたら無視して歩き続けましょう。そうすると諦めて他の人に声をかけに行きます。

 

次にお酒に関する注意事項です。

バンクーバーで飲酒する際の注意事項!

カナダ お酒

飲酒の法律に関して、日本と違う点が多くあります。当然ですが、バンクーバーで飲酒をする際はバンクーバー(カナダ)の法律に従う必要があります。

具体的に日本の法律と違う点としては、

  • 年齢
  • 場所
  • 時間

です。

日本と違って19歳から飲酒ができますが、公共の場での飲酒が禁止されているなど日本よりも厳しい法律がいくつかあります。

また、顔写真付きの身分書が必須となります。

飲酒に関してのカナダの法律に関して、詳しいくはこちらをチェック!

カナダで飲酒できる年齢とお酒の法律、注意事項について解説!留学生必見!
カナダでお酒が飲める年齢、お酒に関する法律、注意事項についてわかりやすく解説します。

バンクーバーではJCBのクレジットカードは使えない!

カナダ クレジットカード事情

バンクーバーへ旅行や留学へ行く多くの日本人が忘れがちなのが、クレジットカード問題です。

 

バンクーバーはカード文化であるものの、JCBのクレジットカードがほとんど使えません。

 

バンクーバーにある多くの店舗ではVISAマスターカードのクレジットカードしか使うことができません。

 

バンクーバーで使用できるクレジットカードを順番に並べると、
VISA=マスターカード>アメリカンエキスプレス> JCB
です。

アメリカンエキスプレスが使用可能な店舗もありますが、使えない店舗も多くあるのでおすすめはできません。

クレジットカードに関する詳しい詳細はこちらをチェック!
https://naviken.com/archives/483

 

バンクーバーに行く際は、VISAかマスターのクレジットカードを準備していきましょう!

バンクーバーでのチップの払い方!

日本と大きく違う文化であるのがチップです。マクドナルドなどのファストフード店では支払う必要がありませんが、それ以外の飲食店では、チップを支払うのが暗黙のルールです。

 

チップの相場は10〜20%と言われています。

自分の場合は毎回10%を選んで支払ってました!

チップが少ないから店員にどうこう言われるとかは全くありませんので安心を!笑

 

バンクーバーはアメリカに比べてチップの払い方は簡単!

バンクーバー チップ 払い方

アメリカでチップを払う場合、食事代金から自分でチップを計算して、レシートに追加チップを直接記入する必要があります。

しかし、バンクーバーでは自分で計算する必要はありません!

店によっても違いますがクレジットカードで支払う際に、

  1. tip(%)
  2. tip($)
  3. no tip

と選択する画面が出てきます。

チップを%で払う場合

先ほどの例を使って説明します。

tip(%)のボタンを押すと、

  1. 10%
  2. 15%
  3. 20%

というようにパーセントの選択肢が出てきます。
10%を選択すると、自分の食事代金に10%分のチップが加わって会計となります。

※高級店ではチップの最低%が20%〜などもあります!

自分でチップを上乗せする方法

パーセント払いじゃなく、額を直接上乗せする方法もあります。上乗せする場合は、自分で上乗せする分の額を入力します。

例:$2をチップとして上乗せする場合

tip($)を選択すると、0.00と表示されるので2→0→0とボタンを押して2.00としましょう。

3.55ドルをチップとして支払う場合は、3→5→5の順番にボタンを押しましょう。

※0を多く追加してしまわないように注意してください!

 

%払いが簡単で便利でおすすめです!

 

 

自分でチップを決めて上乗せするよりも、%を選択した方が簡単かつ間違いがないのでおすすめです!!

 

バンクーバーは交通機関が複雑!

バンクーバー 電車 (2) (1)

ここからは注意事項ではないですが、バンクーバーに行くのであればぜひ知っておいて欲しいバンクーバーの交通機関について紹介します!

 

公共機関の料金はゾーン制+時間制です。

エリアが違えば料金が違い、時間が経つごとに料金がかかってくるという初見の方にはかなり複雑な料金体制となっています。

 

そんな複雑な交通機関をマスターするためにはこちらの記事をチェック!!

5分でわかる!留学生によるコンパスカードと公共機関・料金システムの全て!
留学生が実際にバンクーバーの交通機関やCompass card(コンパスカード)について詳しく解説します。バンクーバーを観光するには欠かせないのがコンパスカードです。そこで今回はバンクーバーの交通機関について紹介します。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます!!

今回は、バンクーバーに行く前に知っておくべき注意事項について紹介しました!

国が違えば文化や法律も違うので、事前に準備をしてバンクーバーに備えましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました